叛逆物語スロット

リスクマネジメント

大きなステージで共創価値(CSV)を実現

持続可能な開発目標(SDGs)との関わり

リスクマネジメント

レジリエントなビジネスの創造

 CCBJHグループは、利益をともなった成長を実現するためのリスクと機会の管理、社員と資産の保護、危機対応能力の強化、保険によるリスク移転の方法を統合した包括的なビジネスレジリエンスプログラムを導入しています。  当社の取締役会は、リスクマネジメントに対する全体的な責任を負い、事業のリスク選好度を設定します。 取締役会は、リスクとそれらに対する戦略的対応および戦略的目標を達成するための経営活動を監視することに深く関与しています。
 また、それらを支えるため、リスクマネジメントは、日々の事業活動や企業文化のなかにしっかりと組み込まれています。 当社のエンタープライズリスクマネジメント(以下ERM)のPDCAフレームワークは、COSOフレームワーク(※1)およびISO31000に基づいており、機会の活用およびリスクに基づいた適切な意思決定、そして強力なリスクの識別能力、予見可能なリスクへの対応を促進することで、利益をともなった成長を実現するフレームワークを提供します。 当社のビジネスレジリエンスプログラムは、リスクマネジメント責任者(HRM)が主導しており、HRMはELT(※2)のメンバーとして、特定のビジネスリスクに対応するために、部門長および事業全体のリスクオーナーと緊密に連携しています。 HRMには、すべての事業の流れを広く見渡し、新たなリスクおよび機会を把握するための幅広い視野を保つことが求められており、定期的な報告を通じ、ELTおよび取締役会へリスク情報を見える化し、提供しています。

(※1)トレッドウェイ委員会支援組織委員会(COSO)が発行している世界基準の内部統制のフレームワーク
(※2)Executive Leadership Teamの略。 CEOと各本部長を含めたCCBJIグループ全体のマネジメント組織 

ビジネスレジリエンスプログラム

スマートリスクのビジネスへの統合:①リスクの特定、評価、理解(リスクマネジメントフォーラム、ディープダイブ、シナリオプランニング)、
								②スマートなリスク判断、ベストプラクティスの共有(年次事業計画/戦略事業計画、コカ・コーラシステム内での比較・検証)、
								③指導・監督(ELTのモニタリング、取締役会の監督)、
								④リスクインテリジェンス(スマートリスク、カルチャーリスク、ガバナンス)

ERM体制およびERMプログラム

 ERMプログラムには、事業戦略、目標、原則との整合性を確保するためのさまざまな要素が盛り込まれており、当社の戦略的方向性、倫理、価値観との一体化を推進しています。 また、事業計画サイクルと連動し、当社のリスクプロファイルを更新し、機会を創出しうる要因について内部および外部環境を継続的に監視しています。 また、当社が付すべき保険の種類と金額について毎年評価を行っています。保険市場が厳しさを増すなか、当社の保険リスク移転のアプローチは、その付保可能金額とコスト、蓋然性の評価、関連するリスクの重大性によって影響を受けています。
 当社ではリスクおよびリスクに関連する軽減策・対応策を常に評価しています。 監査等委員会には四半期ごとに、取締役会には年2回、その全容が報告され、毎年内部監査チームと外部監査法人により、グローバルなベストプラクティスをふまえた監査が行われています。
 2022年は、研修や意識啓発セッションの作成・提供を通じて、ERMとスマートリスクプログラムの企業文化への統合を強化することに引き続き注力しました。 また、毎月のELTとの対話や、上級管理職による部門別のリスクの特定およびレビュー会議を通じて、リスクと機会の見える化を継続しました。
 また、事業継続計画を含む強固な危機管理プログラムにより、当社は危機に効果的に対応する能力を備えています。 これらのプログラムは、経営陣の危機管理能力を試す対話型のシミュレーショントレーニングの実施とともに毎年見直されています。

エンタープライズリスクマネジメント(ERM)プログラムのプロセス

エンタープライズリスクマネジメント(ERM)プログラムのプロセス:
								①ELTによる重点的な取り組み:ELTは、通常のビジネスの一環として、リスクと機会について議論します。シニアリーダーは迅速な対応を行います。
								②コカ・コーラシステムによる積極的なリスクモニタリング:コカ・コーラシステム内においても定期的に議論を行い、外部リスクをモニタリングします。
								③事業本部による見直しとELTとの1対1の面談による深掘り:HRMが議長を務めるシニアリーダーとの会議で、ボトムアップ方式により、リスクと緩和策、および潜在的なビジネスチャンスを特定します。さらにHRMとELTとの間で行われる1対1のインタビューでトップダウン方式によるリスク評価を実施します。
								④四半期ごとのELTへのリスクアップデート:四半期ごとのELTへのアップデートにおいて、きめ細かい見直しと議論を行い、主要なリスクと実施済みの緩和策を検証します。
								⑤監査等委員会によるレビュー:リスクマネジメントに関する規範を遵守し、HRMは四半期に、監査等委員会に対し、重要なリスク、管理およびそのプロセスについて説明します。
								⑥取締役会によるレビュー:HRMは、年2回取締役会に状況報告を行い、ビジネスレジリエンスのプロセスの透明性を確保します。

報告すべきリスク

 主要なリスクの定期的な見直しを実施し、リスクにさらされている度合いを確認、発生可能性と影響度の分析を行った上で、リスクに対応するための戦略を評価しています。リスクリストは、最終的に当社に影響を与えうるすべてのリスクを含んでいるわけではありません。なぜなら、当社がまだ把握していないリスクや、現時点では重要でないと評価されていても、最終的に当社の事業や財務状況に影響を与えうるリスクが存在するからです。事業および戦略の優先順位に照らしてリスクを評価する強固なリスクマネジメントプログラムを活用し、ビジネスルーチンに組み込むことで、当社は事業環境の不確実性に常に注意を払い、機敏に対応できるようにしています。このプログラムにより、当社は新たなリスクや機会を積極的に特定することが可能となり、さらに事業の実行可能性に対する脅威を把握することができます。


リスク重要度:高

リスクカテゴリ 概要と主な影響 対応策
コモディティ価格 為替相場、原材料の不足、製品価格の変動などにより調達コストが上昇するリスク
  • コストベース増加
  • 製品供給量の低下
  • 製品ポートフォリオの制限
  • デリバティブ取引の利用による、為替および製品価格の変動リスクの低減
  • コカ・コーラシステム内での共同調達実施による、より安価な原料調達の実施
マクロ経済 紛争、インフレ、為替変動など、世界規模の事象によりマクロ経済が大きく変化するリスク
  • 財務状況の悪化
  • 消費支出の低減
  • 消費者支出パターンの変化
  • マクロ経済の変化のより迅速な把握と、より正確な需要とトレンド予測能力の向上による戦略・事業リスクの認識力の強化
  • 顧客の事業運営状況の変化のモニタリングと対応策の実施
  • 社員、消費者、および顧客の安全に重点を置いた危機対応の強化
サイバーセキュリティとシステム システム障害やサイバーインシデントにより、事業活動が停止、あるいは情報漏洩が発生するリスク
  • 消費者・顧客からの信頼喪失
  • 財務状況の悪化
  • システム障害に備え、被害を軽減するための対応計画(海外にバックアップサイトを設けるなど)を準備
  • 脅威を事前に特定し、サイバー攻撃のシミュレーションテストを実施することで、システムセキュリティを改善・強化
  • 情報管理に関する法令の遵守
  • 情報セキュリティに関連する社内規定の制定と社員教育
  • サイバーインシデントに対応する能力を備えたシステム社員の育成と維持
消費者嗜好の変化 新型コロナウイルス感染症、健康意識の向上や砂糖摂取への懸念の高まりにより、消費者の嗜好が変化するリスク
  • 消費者基盤の獲得および喪失
  • 消費者からの信頼獲得および喪失
  • 当社グループの事業に不利益をおよぼす課税
  • 製品開発や製品ポートフォリオ拡充に注力
  • ノーカロリー/低カロリー飲料の強化
  • パッケージサイズの多様化
  • 消費者参加型プログラムによる健康的なライフスタイルの推進
人財(確保と維持) 業績不振や競争の激しい雇用環境により、十分な人財の確保・維持・育成および労働組合との建設的な関係の構築ができないリスク
  • 事業活動の停滞・停止
  • サプライチェーン業務の停滞・停止
  • 成長計画の未達
  • 人財育成計画の実施や新しい給与体系の整備
  • 多様な人財の採用と育成の実施(海外を含む)
  • 工場の無人化、オンライン化、配送業務の業務委託化の実施
  • 社員満足度向上のための労働環境の改善
  • トップマネジメントと社員のコミュニケーション強化
自然災害 地震・洪水などの大規模な自然災害により、社員や生産・物流・販売業務のための設備、事業所などへの被害が発生するリスク
  • 事業活動の停滞・停止
  • サプライチェーン業務の停滞・停止
  • 販売機会の減少
  • 復旧コストの発生
  • 事業継続計画(BCP)および体系的かつ合理的な対応を可能にする危機対応能力の強化
  • 定期的な危機対応、災害対応訓練とシミュレーションの実施
  • 物流拠点の被災に備えた代替の出荷拠点の整備、および輸送キャパシティの確保
  • 地震保険の付保
  • 地域対応の向上と対応の迅速化を可能にするためのDisaster Control Headquarter(DCHQ)モデルの再設計
小売りおよび競争環境の変化 オンライン注文の急増や外部マクロ環境による消費行動の変化にともなう小売市場環境が変化するリスク
  • 消費者基盤の獲得および喪失
  • 消費者からの信頼獲得および喪失
  • 販売利益の低下
  • 販売可能な製品ポートフォリオの減少
  • 小売業者のニーズに即した製品提供を行うための、製品ポートフォリオの多様化および生産性のさらなる向上
  • 日々の営業活動を正しく実行するためのコカ・コーラシステム共通のプロセスを推進し、継続的な業務品質の向上を図る
  • インターネット通販急増への対応に向けオンラインチャネル拡大への取り組みを実施
成長戦略 競争力強化および事業拡大のための施策(経営統合、設備投資、製品開発など)を実行できないリスク
  • 減損損失による財務状況の悪化
  • 株主からの信頼喪失
  • さまざまな事態に迅速かつ柔軟に対応できる強固な体制を構築
  • 複数のシナリオを考慮したビジネス統合戦略を策定
  • 取締役会および執行役員による監督
財務リスク 資金調達コストの増加、退職給付債務の増加により、財務状況が悪化するリスク
  • コストベース増加
  • ステークホルダーからの信頼喪失
  • 営業活動によるキャッシュ・フローの成長の推進、それによる信用力の維持・向上
  • 退職給付債務に関するモニタリング機能強化のため年金ガバナンス委員会を設置

リスク重要度:中

リスクカテゴリ 概要と主な影響 対応策
サスティナビリティー 消費者のプラスチック使用に対する否定的な感情や、政府のプラスチック規制強化により、ステークホルダーの懸念が増加するリスク
  • 消費者基盤の獲得および喪失
  • 株主からの信頼獲得および喪失
  • 環境課題や社会課題への対応コストの増加
  • 当社グループの事業に不利益をおよぼす課税
  • 持続可能な社会の発展への貢献を目指し、「CSV Goals」を推進
  • 「World Without Waste(廃棄物ゼロ社会)」を掲げ、リサイクルPET樹脂の使用率向上、さらなる軽量化容器の開発、より効果的な使用済みPETボトルの回収などの取り組みを実施
  • ESGおよびTCFDの報告要件に沿った事前の対応
品質と安全性 製品の品質や食品の安全性に係る問題が発生するリスク
  • 消費者からの信頼喪失
  • 製品回収や不良品の大量廃棄にともなう収益悪化
  • ペナルティによる販売機会の喪失
  • 仕入先への品質監査、品質認証の取得の推進
  • 製造から販売までの全業務における、社員の品質管理に対する意識の醸成
  • 消費者・顧客からのご指摘にタイムリーに対応するための品質管理・報告体制の強化
  • 品質/食品安全問題への迅速かつ効率的な対応を可能とする原因特定および対応策策定プログラムの強化
倫理・コンプライアンス 法令・社内規程や倫理規範違反が発生するリスク
  • 消費者・顧客からの信頼喪失
  • 当社ブランドとレピュテーションの悪化
  • 罰則・罰金
  • 不正による経済的損失
  • 経営陣主導の行動規範に関する継続的なコミュニケーション実施
  • 倫理・コンプライアンス委員会の定期的な開催
  • 業務プロセスや組織構造、ITシステムの再構築による不正機会の低減
製造、物流、インフラストラクチャー 生産・物流業務の問題や、天候、消費者行動の変化により製品の安定供給が阻害されるリスク
  • 販売量および売上の減少
  • 顧客からの信頼喪失
  • 市場環境の変化に対応する柔軟な供給体制の構築
  • 繁忙期の需要増加に、より容易に対応できるようにするインフラ(製造ラインなど)への投資
  • システム強化によるタイムリーな在庫状況の共有
  • サプライヤーの管理と監督の強化
気候変動 気候変動にともなう悪天候により水、農作物などの原材料の不足または業務上の影響が発生するリスク
  • 調達量および製品供給量の低下
  • 製造コストの増加
  • 製品ポートフォリオの制限
  • 事業への影響(例:設備の破損など)
  • 当社グループの事業に不利益をおよぼす課税
  • 持続可能な調達の強化
  • ステークホルダーとの関係性の強化
  • 安定供給実現のための、代替仕入先の採用、システム活用による仕入先管理の強化、および仕入先選定の強化
  • 調達が困難となる原料の購入量調整、および必要に応じて他の原料への移行
  • 危機対応・事業継続計画
  • 保険適用をサポートするリスクエンジニアリング
安全衛生 交通事故を含む作業に関連する健康および安全に係る重大なインシデント(重大な傷害または死亡)のリスク
  • 死亡または重大な傷害
  • 評判の失墜
  • 起訴および罰金
  • ISO45001( 労働安全衛生)認証/内部監査(労働安全衛生)戦略を継続
  • メンタルヘルス調査の実施を継続
フランチャイズ関係 商標権者であるザ コカ・コーラ カンパニーおよび日本コカ・コーラへの依存度が高いこと、または契約・関係の条件や更新、集中価格、製品プロモーションのサポートなどに関する関係の変化に関するリスク
  • 商標権の利用停止や製品開発力、ブランド力の低下による売上高の減少
  • 原液価格の上昇
  • 販売サポートが減少した場合の販促費の増加
  • ザ コカ・コーラ カンパニーおよび日本コカ・コーラとの協力関係の維持・向上

具体的な気候変動関連リスクとTCFDへのアプローチは、こちらからご覧いただけます。

TCFD提言に基づく開示